くるくるちゃっちゃ

アクセスカウンタ

zoom RSS サドル&シートポスト交換

<<   作成日時 : 2007/09/15 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

サドルとシートポストを交換しました。

購入時付いてきたものはsanmarco(サンマルコ:イタリアのメーカー) AZOTO というサドル。60km位走るとお尻の骨盤の骨のところと、尿道が痛くなり、翌日も痛みが残る感じで、ガマンできない痛さでは無かったのですが、重さ、スタイルも考えて取り替えました。シートポストは色をブラックにしたかったので、ついでに交換です。

画像


購入はタイヤ&チューブと同様、アスキーサイクルhttp://homepage3.nifty.com/askeycycle/index2.htm。お値段はサドルが7800円、シートポストが3000円でした。数年経つとだんだんとロードバイクの部品価格に麻痺してきます。とてもお安いと思ってしまうのですね(実際処分品でとても安価)。まあ、この2つの部品でママチャリが買えてしまうわけなのですが。

画像


交換はとても簡単で、用意するものは5mm六角レンチとグリス、水準器。
グリスはシマノのデュラエースですが、孫の世代迄使えそうな量が入ってます。これはフレームとの勘合部へ塗ってフレームとの固着を防ぎます。水準器はサドルが水平に付いているか?をチェックする為です。無くても良いのですが、私は別の用途で持ってましたので。
小さい水準器なのでハードカバーの本をサドルに乗せ、その上に水準器を置いてチェックします。

画像


<サドル交換の利点>
@お尻、尿道の痛みが無くなる
旧サドルは硬いベースの上に厚めのクッション材を入れて平な形状になっている為、クッション材が底付くと固いベースに骨盤の骨が当たって痛くなりましたが、新しいサドルは薄い柔かいベースの上に薄いクッション材が入っていてベース自体を撓らせるタイプの為、底付きが無く快適です。また、写真からも分かる様に、後方中央に溝があり、尿道が圧迫されないため痛みが無くなりました。

A先端の形状が細く薄い為ペダリングし易い
サドルの前側が細く、厚さも薄いのでペダルを回す際、ももの内側の周りがスッキリして、膝を内側へ入れてのペダリングがし易くなりました。

B見た目が薄くてカッコ良い
形状と薄さで見た目がレーシーになって、ロードバイクらしくなったと思います。

C立ち漕ぎした時左右の振りが軽くなる
新旧で重さがかなり軽くなったので、立ち漕ぎする際バイクを左右に振った時の感じが軽くなりました。立ち漕ぎで疲れる疲れないは別の話ですが。

Dポジションが分かり易い
@で書きました様に全体に細めの形状である事と、ベースが撓る場所が限られる(ステー取り付け部は撓らない)為か、スイートスポットが存在するとでも言いましょうか。例えば長い坂を登っていると、私の場合疲れて前の方へお尻がずれて痛くなる様で、またちゃんとした所へ座ると痛く無くなります。ですので自分のポジションが分かり易くなりました。

Eバイクを運ぶ時軽くなる
何と下記にあります様に重さが293g軽くなりました。私は普段バイクを2階に置いてあり、走った後疲れながらもバイクを2階へエッチラオッチラ運ぶのですが、タイヤ&チューブ交換に続く軽量化で楽になりました(笑)。
        サドル          シートポスト        合計   
旧: Sanmarco AZOTO  :350g   selcof   : 309g → 659g    
新: Sanmarco Aspide FX:137g   selcof70Y: 229g → 366g

F走りが軽くなる(はず)
一般的なバイクの軽量化で体では感じませんが、わずかながらも走りは軽くなっているはず・・・。富士ヒルクライムでの効果は??です。

以上、自分のお尻に合ったサドルが1発で見つかったのはラッキーかも知れません。ちょっと気になる所と言えば、バイクを止めて走り出す時など、サドルの先端が細く薄い為、レーパンがたまに引っかかるくらいですね。

<気を付けること>
・サドルを交換する前に骨盤を立てたフォームを意識して、チェックしてから交換に踏み切った方が良いと思われます。この目から鱗の骨盤を立てたフォームについてはまた紹介いたします。

・全体が撓るタイプのサドルを交換する際は、シートポストの取り付け構造を確認する必要があります。
シートポストとサドルのステー結合する構造が1本ボルトタイプですとやぐら部がサドル側へ出っ張っている為、サドルが撓った時そこに当たってしまいます。私はたまたま買ったシートポストが2本締めタイプであったので出っ張りが少なくて大丈夫でした。
友人ピナ氏も同じサドルを購入されたのですが、以上の理由でシートポストも交換することになりました。意外な所に落とし穴がありました。

と言う事で、タイヤ&チューブに続きサドル&シートポストを交換して、性能も変わりますが見た目も結構変わります。

画像


画像


こんな所も自分で手軽に楽しめますね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サドル&シートポスト交換 くるくるちゃっちゃ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる